プロバンサインを最安値で購入するには?

プロバンサインを最安値で購入するには?

プロバンサインの購入方法については当サイトトップページにて詳しく紹介していますが、個人で購入するには基本的に病院を受診し、医師の診断のもと処方箋をもらい購入するか、個人輸入という形で海外から通販で購入するしかありません。

 

そのため、このどちらかで購入することになりますが、最も安く購入するには病院がいいのか?それとも通販がいいのか?その点について見ていきましょう!

 

 

結論から言えば、薬のみの価格で言えば「病院」での購入が一番安くなります。

 

なぜなら、プロバンサインは国内の病院で購入する場合は保険適用の価格で購入できるからです。逆に個人輸入は保険適用外での購入になるためその分高くつきます。そのため、薬単体での価格を見ると個人輸入は病院での購入よりも僅かではありますが高くなることが多いです。

 

なんで個人輸入は保険適用されないの?

まず、保険適用は薬の効能または効果・用法および用量が適用の病気(症状)の場合に保険適用で購入できるようになります。プロバンサインは多汗症の薬として国から認可が下りているため、多汗症と診断され、その治療薬として処方されることで保険適用の価格で購入することができます。

 

個人輸入となると病気の治療のための購入なのかがわからないため保険が適用されないと言えます。保険適用の薬であっても何に使っていいのかが決まっているのでわからない場合は適用されないということです。

 

基本的に病気の治療でないと保険はおりません。そのため、病院でも多汗症の治療目的やその他プロバンサインの保険適用の症状への処方でないと保険は適用されないと思った方が良いでしょう。

 

保険適用は約30%OFF

年齢や所得などによって違いはありますが、だいたい目安として3割前後安くなることが多いです。

 

 

ただし、これはあくまでも薬のみの価格としての話になります。
病院を受診した場合は薬代だけでは済みません。

 

病院は薬代+αの費用が必要なため、一概に最安値とは言えない

薬の他に交通費や診察代などの医療費が発生します。また、場合によっては病院に通う必要も出てくるかもしれません。その場合は定期的に通う通院費も発生します。

 

そのため、病院でプロバンサインを購入する場合は単純に薬の価格だけではなく、「薬の価格+その他費用」が必要になります。そして、場合によっては継続的に必要になる場合もあるということです。

 

薬単体で見れば安いかもしれませんが、結果的に見るとほとんど価格差がなかったり、むしろ個人輸入の方が安く購入できる場合もあります。最近は個人輸入であっても送料無料のところが多く、薬代だけを見て購入することができます。

 

価格面だけを見た場合はこういった違いがあります。

 

 

さらに言えば、病院で購入する場合は、病院に通うための時間や待ち時間などお金には換えられない「時間」というものがかかってきます。

 

個人輸入推しのような書き方になってしまっていますが、病院にも当然メリットがあり、それは医師の診察を受けられるということです。仮に高く付いたとしても僅かでも安心を買いたい人にとってはこのメリットは大きいのではないでしょうか。

 

メリットやデメリットを考えて納得できる購入方法を選びましょう

最安値での購入にもそれなりの良し悪しがあり、人によって大切にする部分も違うと思います。
価格だけ見ても病院の場合は実際に足を運んでみないとわからない点をあります。

 

また、プロバンサインを取り扱っていない場合は病院を受診しても処方してもらえないこともあるので、病院を受診する際は事前に確認をした方が確実と言えるかもしれません。処方してもらうことが可能な場合でも最終的な判断は医師に委ねることになります。

 

それぞれのメリットやデメリットの部分を知った上でどちらがいいのかを考えてみると良いでしょう。

 

 

例えば、最初の一回は病院を受診して購入し、そのあとは個人輸入をするという方もいます。このあたりは考え方次第ですね。多汗症の悩みなどはなかなか人に相談し辛いもので病院へ行くのをためらう人も多いです。

 

そういう人にとっては個人輸入は価格以上の価値があるとも言えるのではないかと思います。

 

多汗症の薬プロバンサイン通販ガイド