プロバンサインにジェネリック医薬品はあるのか?

プロバンサインにジェネリック医薬品はあるのか?

薬を使用し始めると気になるのが価格です。
1日数回必ず使うような場合(常用する場合)特にランニングコストが気になり出すことかと思います。

 

そういった場合はジェネリック医薬品を試してみる、または、ジェネリック医薬品に変更してみるのも一つの選択肢です。

 

ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品、後発医薬品とは、医薬品の有効成分そのものに対する特許である物質特許が切れた医薬品を他の製薬会社が製造・供給する医薬品である。新薬と同じ主成分の薬とも言われる。引用:Wikipedia

 

つまり、ジェネリック医薬品は基となる先発医薬品(最初に作られた薬、今回の場合プロバンサイン)と同等の成分・同等の効果が認められているため、ジェネリック医薬品が販売されているのであれば利用してみると良いです。

 

プロバンサインにジェネリックはあるのか?

ここからが本題ですが、抗コリン剤プロバンサインには残念ながら今のところジェネリック医薬品は製造されていません。

 

特許の関係もあるのかもしれませんが、今のところはジェネリックは製造・販売されていないようです。

 

今後はどうなるのかは未知数ではありますが、現状抗コリン剤プロバンサインを利用するに当たってはジェネリック医薬品という選択肢はありません。

 

プロバンサインの入手コストを下げるには?

では、プロバンサインの入手コストを下げることはできないのか?
この場合、コストを下げるためには入手ルートを変更するのも一つです。

 

例えば、現在病院などの医療機関を受診してプロバンサインを処方されているのであれば、病院での購入を止めて、個人輸入(個人輸入代行)にするのも一つだと思います。

 

価格は病院によっても異なるため一概に高い安いは言えませんが、病院から個人輸入に変えることで病院への交通費、診察料などの通院費を削減することができます。

 

一度病院で処方されている薬であれば効果も理解できているため、より安心して使用できるのではないかと思います。

 

 

 

個人輸入に不安を抱かれる方も多いと思うので自分に合った方法を選択するのが一番ですが、代行サイト選びを正しく行えば心配ないので試してみるのも良いかと思います。

 

実際に個人輸入でプロバンサインを購入した際の写真も公開していますので個人輸入でプロバンサインの購入を検討される方は参考にしてみてください。